3ffd25ef.jpg

いくら何でも放置しっぱなしだってば(笑)
でもそんなことなかったフリしてしゃらっと始めてしまいましょう。

と思ったけどここまでのAUS日記を読んでくれていたあなたも4ヶ月近くも放置されていたらさすがにこれまでの道のりを忘れておいででしょう。ということで簡単に今までのおさらいから(笑)

NZのクライストチャーチからシドニーに飛んだ私、5日後に空港へ両親を迎えに行き無事合流。いや、「出口は1つだよ。」とガセネタを流した私のせいでしばし会えなかったのだけど。でもその間辛抱強くそこを動かずに待っていてくれた両親に感謝!

ともあれ合流できた私達、同じホテルで4泊している間にプチ旅行も楽しみました。行先はシドニーからの日帰り旅行と言えばまず浮かぶブルーマウンテン。世界遺産であるその風景を2人に楽しんでもらいたくて、というか私も楽しみたくてここへ行くことに。以前シドニーを訪れた時同じように日帰りで向かったのだけど朝問題なかったお天気が着いてみるとすっかり雨。霧の向こうで有名なスリーシスターズどころか何も見えませんでした。そんなリベンジもあって(笑) 本当は泊まることを検討したのだけどちょうど時期がイースター。お目当てのホテルはいっぱいでした。それなら荷物を置いて純粋にプチ旅行を楽しもうと決めました。

初めは日本語ガイド付のバスを考えていました。でもシドニーからブルーマウンテンの玄関口であるカトゥーンバ(Katoomba)まではその名もBLueMountain線という電車が走っているのです。こういう近郊線って普通のツアーでは行かないじゃない?そして現地まで行けばHopOn/Offのバスもあり足には困りません。両親にもたまにはそんな日常っぽい外国を経験して欲しくて結局電車をチョイス。

シドニーのセントラル駅から朝8:18発のごく普通の電車に乗ってのんびりのんびり遠足気分でカトゥーンバへ。そこから15ドルのHopOn/Offのトロリーに乗り込みポイントポイントで好きなように乗り降り。隣の駅の可愛らしいルーラという町もちょっと覗いてみたりして。それからルーラカスケードというところで流れにそってブッシュウォーキング。そしていよいよスリーシスターズの見られるエコーポイントへ。

いやぁ。観光地だわ・・・。すっごい人、人、人!!久しぶりにあんなに人を見ました(笑) でもお陰さまで景色は最高!前回見えなかったシスターズもその見事な姿を完璧に見せてくれていたし、ブルーマウンテンの名の由来になったユーカリの森ジャミソンバレーを覆うブルーの霧(ユーカリから出るオイルが蒸発してそう見えるのだとか)も何とも言えない神秘的な感じで、何よりこの青空!

私の両親は2人とも旅が好きだけれど、好きなポイントがいつも違います。男と女ってこともあるけどね。母はヨーロッパ風の建物が大好きだし何よりこの旅で一番見たいのは珊瑚礁の海。父はと言えば自分の好みをはっきり言わない人なんだけどとにかく分かっていることは広大な大地や岩が好きだということ。イギリスを一緒に旅したときもストーンヘンジやエブベリーの岩には感動してくれた。この父が一番見たいのはウルル。そもそも自分の希望を滅多に言わない父がウルルを見るために私がいるうちにオーストラリアに来るといったのがこの旅の発端だったのだから。

ま、そんなわけで私も何とかして2人にこの旅を楽しんでもらいたくてそれなりにバランスを取っていたつもりなのですよ。シドニーの大聖堂は母を満足させてくれたからここでは父をね。あちこち自分本位に遊び飛び回っている私が出来るせめてもの親孝行と思いつつ。(←とこれで誤魔化してしまおうとしているのがバレバレだろうか?? ^^;)

ともかくエコーポイントの後はシーニックワールドへ。ここは世界一急だというケーブルとトロッコ、そして写真の最後にあるシーニックスカイウェイというロープウェイが。これらを全て満喫している頃には陽も傾き始めてスリーシスターズもほのかに赤く染まっていました。そして再びシドニーセントラル駅までガタゴトガタゴトと電車に揺られ戻ったのでした(^^)