e3fccfd7.jpg


ケアンズの空港で両親を見送った私がまずしたこと。
それはその後予約を入れておいたYHAに移ること。
1人になったからにはそうそうホテルに泊まっていもいられないのだ。

エスプラネードにあるYHにひとまず荷物を移して街に出てみる。
まずはとにかくネットカフェを探す。
シドニーで会員になったのと同じ場所を見つけたのだが値段がかなり高くてびっくり!
翌日は天空のラピュタのモデルなのでは?なんて噂が飛び交う
パロネラパークにでも行こうかと思っていたのだが思いの外疲れていたらしく爆睡。
というわけでその日はのんびり過ごすことに決めた。
ちなみにネットカフェにてその日に書き込んだ日記はコチラ

さてさてのんびり過ごす、とは言え両親が来ている間の手配で頭がいっぱいで
それ以降の予定は一部友人と待ち合わせている日程を除き全く決めていなかった私、
とにかくこの先どうやって過ごすかを決める必要があった。
移動にはバスを使う予定だったのでグレイハウンドを扱う近くのエージェントへ。
実際に大体行きたい場所と時間や予算くらいしか決めていず
何より幾つものパスなどからどれを使うのが効率がよいのかなど
パンフレットを見ても全くわからなかったので全面的に相談することに。
担当になってくれたPaulはとても親身で彼には今でも本当に感謝している。

まずは大雑把に期間と行きたい場所を伝えた私にまず彼が進めてくれたのは
ケアンズからブリズベンまでのグレイハンドのパス。
これから2週間ほどはこのパスで移動ができる。
その先は友達が帰ってからの西オーストラリアの旅用。
もともとNZのKiwi ExperienceやAUSのOZ Experienceのような
移動+アクティビティ付のバスは避けていたのだが
ここでPaulが薦めてくれたのはEasy Riderという西オーストラリア内の同じようなバス。
そう、グレイハウンドのオフィスに行ったわけではなかったので様々なバス会社を扱っていたのだ。
グレイハウンドはつまりはバス会社なので町から町への移動手段にはなるが
そこから観光スポットなどに出るためにはまた更に足が必要。
そして宿の手配もその都度しなければならない。
シャイ且つ少々オールドな私は悩んだのだが
そのEasy Riderとやらの方がメリットが多すぎる!
しかも安いのだ!

というわけで結局そちらを選び、よくあるパターンだが2つ以上申込んだので割引料金となり
そしてひとまずグレイハウンドのパスで最初はどこまで行こうか相談に乗ってもらい
そこまでのバスを予約してもらったのだった。

ちなみにこの最初の降車場所、全く行く予定のなかった場所。
最初の目的地にしたかった場所まで1日で進むのは少々キツそうだったので
その途中でお薦めの場所をPaulに相談し教えてもらった場所に泊まることにしたのだ。

そしてその場所はそこを訪れた私のお気に入りの場所のひとつとなった。
写真はその時に泊まった宿のプール。
これだけでもわくわくしませんか?!

そこがどこなのかはまた次の記事で。

P.S. 海外でもらう乗物などのチケットはあまりにもどうでもよさ気な紙っぺらで
いつなくすかと気が気じゃない(笑)