a62da03e.jpg


アーリービーチに着いた翌日向かったのは町外れの桟橋。
そこにこれから一緒にセイリングを楽しむメンバーが集まることになっていた。
乗るのはDreamCatcherという名の美しいヨット。
Alisonお薦めのこのヨットは確かにパンフレットに載っていたヨットの中で
一番美しいヨットだった。
このDreamCatcherは14人がMAX人数。
桟橋に集まったのは13人。どうやら1人参加は私のみらしい。
メンバーの中に1人混じっていたアイルランド人のリアとペアだった唯一のアジア系の女の子は
自己紹介をしてみたところミチと名乗った。日本人だった。
雰囲気がちょっと日本人ぽくないので意外・・・。
他のメンバーは、カナダ人の夫婦、アイリッシュカップル、イングリッシュカップル、
同じくイングリッシュの女の子2人組×2。
その他にクルーとしてオーストラリアに来て38年になるというオーストリア人のキャプテンと
その他食事の仕度などをしてくれるもう1名。総勢15名。
このメンバーがこの先2泊3日を一緒に過ごすことになる。

かくいう私、かなり緊張・・・。
何しろミチと私以外はみんなイングリッシュが母国語だからね。
ミチだってアイリッシュの子と旅をしてるくらいだから英語は問題ないでしょう。

結局は英語だからということではなくノリの問題で
話が合う人は合うし、何となくしっくり来ない人は来なかったんだけど(笑)

1日目はある程度沖に出るところまで。
そして夜は甲板の上で。
ヨットの周りに魚の群れが来たり、美しい星空を眺めたりしながら
夜は更けていったのだった。

046fa8d7.jpg


さて翌朝、午前中はビーチに上陸。
そこから歩いて行ける場所にあるのが行きたかったホワイトヘブンビーチ。
だったのだが、生憎の曇り空・・・。
お天気が悪くてももちろん水はクリアーだし砂も真っ白で見事だったけど
やっぱり晴れの日に見たかったな?。
ちなみに写真にあるのがDreamCatcher号です。
停まっているところだからその美しい帆は広げていないのが残念!

そして午後はシュノーケリング!
5月の頭だったのでちょうどくらげの季節の終わりかけ。
ということで海に入るには必ず着なければならないのがスティンガースーツ。
スティンガースーツというのはくらげよけのウェットスーツ。
そして頭までもすっぽりと変なかぶりもの付き(笑)

肝心の海の中、これはもう見事しか言いようがない。
お天気はイマイチだったもののそれでも珊瑚礁の美しさと言ったら!
そしてウミガメともご対面♪

実を言えば私は若かりし頃グレートバリアリーフのダイビングクルーズに参加したことがあり
この珊瑚礁を見るのは初めてではなかったのだけど
その時は季節のせいなのか浮遊物が多く透明度がとても低かったのだった。
それを思えば今回の海は最高!

セイリングのお話はまだ続きます^^