938cc984.jpg


2泊3日でカカドゥとリッチフィールドを巡るキャンプツアーに参加したミッチェルと私。
その申込をしたYHAトラベルでその後のツアーにも申込をしていた。
目的は、ダーウィンからアリススプリングスまでの南下。
時間には比較的余裕があったので幾つかのポイントで2泊くらいずつしながらのんびり行くつもりだったのだ。
ところが、公共のバスなどで自分達の足でそこを辿るのはひどく不便なのだという。
それで薦められたのがこのWayward Busのツアー。
3泊4日の早足でダーウィンからアリススプリングスまで行くキャンプツアーだ。

宿泊の手配も簡単、足も確保、且つ非常に安いそのツアーに申し込むのを少々渋った理由は2つ。
1つはアリススプリングスでミッチェルと別れる予定の日までまだ余裕があり
ここをそれ程早足で進むとアリスに5泊することになるということ。
もう1つは、このツアーがリッチフィールドを含んでいること。
要するにアドベンチャーツアーで周った場所と重複してしまうわけなのだ。

考えた末、そうは言ってもやっぱりこのツアーに乗っかるべきだとの結論になり
そしてここにデジャヴのようにリッチフィールドの写真があるわけなのだ・・・。

さてさてダーウィンにてTimTamドリンクを飲み、カメラを手に入れた翌日の朝
私達は再びYHAの前からピックアップしてもらう。
一緒に待っていたのは日本人の男の子、なおきくん。
現在オーストラリアでワーホリ中だが以前NZで3年間留学していたとのこと。
確かに英語はペラペラだった。
その彼曰く「自分はNZの方が向いている」と。のんびり加減とこじんまりさがいいらしい。
確かにのんびりとした雰囲気の彼はNZっぽかったかもネ。
でもだからと言ってここを楽しんでいないわけでは全然なく、
またまた訪れたBuley Rock Poolでは岩から飛び込んでたからね(笑)

そして他にはシドニーから来たオージーのカップルが一組。
私とミッチェルを含む計5名+ガイド兼ドライバーのグレッグという小グループ。
でもゆったりとした車内も自由な雰囲気も何となく気楽な感じ。
メンバーも皆柔らかくていい感じ。

まずはまたまたターマイトタワーを見に。
そして、Buley Rock Poolへ再び。で、再び水遊びをする。

7dca4fe9.jpg


次に向かったのはワンガイフォールズ。
どうやらこの年はワニが出るらしく滝壺では泳げなかった。
近寄って写真を撮っていて他のツアーのガイドさんに怒られた落ち込み

ここでは泳げない代わりに滝の上に出られるウォーキングコースへ行ってみた。

c68b6588.jpg


その上からの眺めがこちら。
いいお天気で気持ちがいいでしょう??

ランチはこの近くで。

アドベンチャーツアーではサンドイッチ用の野菜やらハム、チーズなどを車に積んでいて
それを皆で洗ったり切ったりしてご飯にした。
夜はキャンプサイトのキッチンでほぼジョンが用意。
今思うと食べ物の写真が全然ないんだわ、それどころじゃなかったのか??

このツアーでは付いているのは朝食のみ。
それ以外は行った場所でみんな適当に買って食べたりする。
ある意味自由で気楽。

昼食後向かったのはトルマーフォールズ(英語のスペルをちゃんと調べてなくてごめん・・・)。
ここは滝壺までは行けず上から眺めるのみ。

59066983.jpg


でもなんて綺麗な色!
滝からちょっと目を離して画面の右下を見てみて!
エメラルドグリーンが本当に宝石みたい。

281895c4.jpg


その後はまたまたフローレンスフォールへ。
そしてまたまたここで水に飛び込んだわけなのだ。
人数が少ないせいなのか、スケジュールがゆったりしているのか
かなりのんびりでこのペースの方が私には合ってるかも(笑)

さてこの日の宿はアデレードリバーINN。
前回特に触れなかったのだけど、最終日のランチはここで食べた。

ここは映画『クロコダイル・ダンディー』に出演した水牛のチャーリーがいるという。
って実は既に亡くなっていて(亡くなるっていうのもヘンね)今では剥製としてカウンターの上にいるのだ。
何でもチャーリーが死んだ時には緊急連絡としてダーウィン中の旅行会社に伝えられたとか。
とても重要な観光ポイントだったのね。

dc921a9d.jpg


でも実は私は映画をちゃんとは観ていなくて
チャーリーがどこでどんな風に出てきたのか知らないのであった。
ごめん、チャーリー。

これにて1日目終了。

7ceba3d3.gif
 ← どうもありがとう!