eb05f361.jpg


私とミッチェルが心待ちにしていたのはこの瞬間。
ミッチェルにいたってはこれと出逢うために遥々日本からやってきたと言っても過言ではないかも?
だだっ広いエリアにごろごろとある不思議な赤くて丸い岩。
これがDevils Marbles。

この場所実は足がないととても行きにくい。
例えばグレイハウンズバスを使ってこの辺りに来ようと思うと
テナントクリーク辺りに滞在し、そこから自力でここまで来なければならない。
結局そこからのツアーに入ることになるのかな?。

そう考えるとオーストラリアではよくある見所を網羅しながら移動するツアーはやっぱり便利なのだ。
前にもどこかで書いたけど何年か前にNZを周った時には
同じようなKiwi Experienceなどのツアーは敢えて避けていた。
皆で全て同じように行動するのは何だか面倒だと思ったのだ。
他の人たちのパワーについて行けるとも思えず・・・。
でも今思えば、NZってオーストラリアと比べるとかなり狭いから移動はどうにでもなるのだわ。
オーストラリアに同じようなツアーがなかったらどれだけ不便か。
しかも慣れてみると中で知り合いができるのも悪くない。ってゆーか楽しい。

ま、そんなわけで夕暮れ迫るデビルズマーブルスまで連れて行ってもらい
集合時間まで自由にここを歩き回れるのだった。きゃあ、コーフン。

1枚目の写真はここの紹介では必ず出てくるふたつの岩。
ここに来たらお約束のようにやってみたいことがある。

それがこれ


b3f08ecc.jpg


ふたつの岩の間に挟まって写真を撮ること!
オーストラリアでワーホリを終えて帰ってきた友人の最初の年賀状がここで挟まっている写真だった。
それ以来の憧れ。

しかし想像以上にムリそう・・・。

c541c8e2.jpg


こちらはツアーメンバーのなおきくんなのだった。

ミッチェルも私も是非ともトライしたかったのだが、
短いわ、重いわ、筋力がないわ、とないない尽くしで想像通り断念・・・。無念・・・。

で、仕方ないのでこんなポーズで。


dd56622d.jpg


ま、この場に存在した証拠ってことで(笑)

ed9f11f1.gif
 ← よろしければ押してって♪