bd957b4d.jpg


いよいよ着陸。
キャンプ場から程近い場所に作られたエアポート。
というか滑走路(笑)

edea8aa9.jpg


パイロット君と2人っきりのラブラブ飛行を楽しんだのはこのセスナ。小さっ。
ちなみにパイロット君、実はキウイだった。
かなり若いと思うんだけど、この仕事するためにNZから来たらしい。
別に飛行中にプライベートな話をラブラブ話していたわけじゃなくて
実は私がさげていたNZジェイドのマオリのペンダントトップ見て
「NZに行ったの?」と聞いてきたのでそんな話に。
これしてると結構そんな風に話しかけられたりするのだ。(参照

504cecb5.jpg


ここにこれからカナナラへ帰るらしい4人組の女性が。
私が乗ってきたセスナで帰るのかな?
で、その1人の声が聞き覚えがあるなぁと思ったら、
これがダーウィンのYHAとラベルでミッチェルと私の相談にのってくれたマーガレットだった!
どうやら視察的な仕事で来てたみたい。
意外とシャイな私、話しかけられなかったんだけど・・・(^^;)

実はここには迎えが来ているハズだった。
だってパイロット君帰っちゃったら、こんな滑走路しかないとこに取り残されてもね。
ところが、いなかったのだ・・・。マーガレット達以外・・・。
パイロット君もマーガレット達も(ここがただの観光客じゃないとこだ)バタバタと連絡を取ってくれ、すぐ来るからと。

そうして皆は去り、私には迎えが到着。
来てくれたのはTom。
何でもお兄さんが高知に住んで大学で英語をもう15年も教えているらしい。
そのTomによれば何と!この日私が申し込んでいたスペシャル、二箇所のハイキング付
というのが今日はなくなったと言うじゃない!
しかも昨日の内に連絡を入れていたと。
どこに?!
ああ、どこに行っても襲い掛かるこの手違いの嵐・・・。
いい、慣れてる・・・。

で、申し訳ないけど2箇所のどちらかしか行けない(多分両方決行するけど時間が重なるんでしょう)けど
どちらにするか、と聞かれたのでバングルバングルっぽい方ってことで
10:00からのChathedral Domeの方に。

ようするに2時間ほどここで暇になってしまったのだ?。

d30d43c1.jpg


と言ってもね、朝起きるのはそれ程辛くなかったし、着いた途端出発!
って言われるよりはここで少しゆっくり出来てよかった感じ。
キャンプ場はカカドゥに行った時に泊まったキャンプ場と形式は変わらなかったけど
ちょっと綺麗な感じがした。
もしかしたら昼間見てるから??

9a5573ee.jpg


散歩したりしてたらTomが周りを少し案内してくれた。
今はすっかり枯れていて歩ける場所も雨季には川だとか。
それから野鳥についての説明してくれたり。
日本びいきのようで(だからってわけじゃないだろうけど)かなり親切だった。

4db7e92c.jpg


もちろんね、朝食も戴きましたよ。
意外とのんびり出来てよかったような気も(笑)
朝の光の中のフライトはとてもよかったし、キャンプ場ゆっくり見られて面白かったし、
それにこれが実際、ものすごくメリットがあったのだわ。

そんな風にして、ウォーキングの本番がようやく始まろうとしているのだ。


☆人気blog Ranking☆ ←すっかりNo Worryなお気楽な私に応援クリックありがとう♪