バングルバングルツアーのお話、これで最後です。
ツアーを終えた私達は今度はメンバー全員で再びセスナに。
迎えに来てくれたのは行きと同じキウイのパイロット君。
ラブラブ空間は行きだけだったわ。ホッ。← 彼の声だな。

17bf2ba5.jpg


上の写真は私がお世話になったキャンプ場。
そうそう、帰りはエアポートまでTomが見送りに来てくれて
日本語で「じゃあね。」とお別れ。

183fc2d8.jpg


帰りはこれまた夕暮れの光の中。
上から見るとあまり大きさがわからないけど
あれまたきっと高い崖になってるんだろうなぁ。

6a6797ed.jpg


あの白い道のようなものは多分干上がっている川。
ああいうところを歩いていたのかも。

7b407873.jpg


これがまた、やっぱり朝にしても夕方にしても
傾いている感じのこの光の射し加減がいいのよね?。

78953c09.jpg


おおぉ?っ。これはどういう形なんだろう。
近寄ったらどんな感じなんだろう。

cea4a197.jpg


そして、こちらがまた、ピンクダイヤモンドの鉱山。
すごい不思議な感じ。
ピンク色の土だからピンクのダイヤモンドが発掘される?
よくわからない・・・。

46fb7933.jpg


こちらも同様。
何とも不思議な模様になっている。

c486e0bc.jpg


ようやく、カナナラ近くまで戻って来ました。
何とも言えない日の光。しつこいようだがたまらなく好きだ。

083221d7.jpg


さてと、あそこがエアポート。
お疲れ様でした。

dc94dd37.jpg


ところで皆さん、気にされたかしら?
パイロット君は真ん中の子。
見た目は正直、高校生くらいな雰囲気(笑)
これが大人の男性(オッサンじゃない程度の)だったら
私も本気でクラクラ来てたかも??

ちなみに前の記事にも書いたけど私は予定の2箇所のウォーキングが出来なかった。
それなりに楽しんだので行程に不満はなかったけど、しかしね?。
と思っていて、お会計。
一番最後に呼ばれて、そして窓口のお姉さん、紙に数字を書き「これでOK?」と聞く。
え?それでいいなら全く問題なし、っていうかむしろラッキー?
「Apologyとして」と半額以下になっていたのだ!!
これは正直かなり助かったのだった。
だって、ある意味清水の舞台から飛び降りたつもりで空からのツアー選んだからね(笑)
結果、図らずも飛び降りずに首が繋がった、というか。

何だか、万事うまく行ったのであった。感謝☆

☆人気blog Ranking☆ ← ラッキーな私に応援クリックありがとう♪