472a7ed3.jpg


カルバリの町に到着し、まずはスーパーで食料ゲット。
何しろ、自炊ですから(笑)

そして一旦チェックインした後、5:15PMに再度集合でRed Bluffのサンセットを見に。

37bdd42c.jpg


既に辺りはピンク色に染まり始めている。

f2b2a82a.jpg


海に沈む夕陽、と言うのは定番のように思えて意外とお目にかかる機会がない。
私が住むのが太平洋側だからということもあるけど海外でも意外と見ない。

87f250d6.jpg


それがこの旅では見事なくらい海に沈んでゆく夕陽を見た。
それはもう言葉では言い尽くせないくらい美しいもの。

6344e749.jpg


夕陽を前にすると誰もが無口になるのは何でだろう。
太陽が赤く染まってから水平線(あるいは地平線)に消えていくまでの
時間はとても短くて、少なくともその間は
感じることだけに没頭したいと思うのだろうか。

e894eec1.jpg


繰り返す波の音と辺りを染めながら沈んでゆく太陽と。
私たちの地球がかけがえのないものなのだと実感できる瞬間。

4f1d5088.jpg


ということで宿に戻りましょう。

5a58701c.jpg


638df5a3.gif
 ← 宿で久しぶりに日本人と話しました(笑)


ところで・・・。

折りしも昨日、日本VSオーストラリアのサッカーの試合があったのだが、
この日、ワールドカップのまさに本番で日本VSオーストラリアの試合があったのだった。
(って、はい、すいません、2006年の旅日記まだ書いてます、私。汗)

世界中から集まってきたバックパッカーが同じホステルに泊まり、
それがワールドカップの時期だなんて言ったらそれはもう大騒ぎ!
実は2002年のワールドカップの時も(日本でも開催されたけど)、
私はヨーロッパを放浪していて、同じような状況にいたのだった(笑)

ともかくその日、まさに自分達が周っているオーストラリアのチームが戦う!
ということもあり、大盛り上がり!しかも相手はジャパンだって言うじゃないの。
ライブで見るには夜中になるため、ホステルのTVは観られない。
そんなわけで相当な人数が夜パブへと出掛けて行った。
当然、対戦国ジャパンからやってきたジャパニーズの私には、誰からともなく声がかかる。
「行かないの??」

すいません、眠気が勝ってます・・・。
ということで就寝…。

とは言うものの、海外にいるといつもより愛国心が強くなると言うもの。
何となく気になって眠れずにもぞもぞしていると、パブから人々が帰ってきた。
ガバッと起き上がって「どうだった?!」と聞くのもなんなので結局朝まで眠った。
で、朝一で新聞を・・・。

3?1で負けてるじゃないですか!ジャパン!
オーストラリアは何十年もワールドカップ出てないんじゃなかった?!

実は、負けないだろ、とタカをくくっていたのだった。
だってオーストラリア、ラグビーがメインで
サッカーがすごく盛んと言う感じではないし
(とは言え、サッカルーなんて愛称?はあったけど。)

まあとにかくその日は朝からいろんな人に、"Sorry."と肩を叩かれっぱなしでしたよ。

そんなカルバリの思い出(笑)